NYダウ先物のチャート
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物
日経平均株価の日足
世界株価指数
為替リアルタイムチャート
株式用語
投資手法



 NYダウの日足(テクニカルチャート)です。値動きはリアルタイム反映。3ヶ月スパンの分析。


 NYダウ日足のリアルタイムチャート(半年レンジ/テクニカル指標:MACD、RSI)



 半年レンジの解離度を分析(主要株式市場)


 ダウ平均の1年チャート(ローソク足・日足)


 Dow Jones Industrial Average Index - 3年レンジ



 10年間の株価推移(下は出来高)


 10年間の主要株式市場の株価推移比較


 超長期のNYダウ工業株30種平均


NYダウ工業株30種平均の日足チャートです。リアルタイムチャートなので、現在の値動きが即時反映されて、過去の株価の節目との比較がすぐに出来るようになっています。 10000ドルや11000ドルといった区切りの良い数字は投資家心理的な節目になっているほか、過去の累積出来高が積み上がっている価格帯はテクニカル的に重要な水準です。 特に高値でもみ合ったあとに急落した場合は、個別株において損切りができていないシコリ玉が大量に発生していることが多いといえます。

また、天井圏での乱高下が発生している状態では、RSIやMACDといったテクニカル指標のダマシにつられて不利なポジションを保有している投資家が増加しています。 踏み上げれば次の上昇トレンド発生の機運になりますし、既に高値圏にある時系列パターンでは最後の吹き上げになる可能性があります。 CME日経平均やNYダウグローベックス先物のデイトレードであれば、5分足の推移と出来高と歩み値に注目してみましょう。 買いの見せ玉につられて値を切り上げている場合は、歩み値とリアルタイムチャートから判断できますし、そういうケースでは大口が買い向かっていない可能性が高いです。 ダウの日足はローソク足で表示してオシレーター系指標で分析すると、株価トレンドの予想ができます。